STOP!その評価見直そう。【個人の創作活動を守る会】

◆初めにちゃんと読んでください

そのレビューと評価、誹謗中傷や名誉毀損になっていませんか?


作品のレビューや評価はもらえると制作者はありがたいものです。


ですが、時には何気ないコメントにも

作品を「貶したり、価値を落としたり、侮辱している」ケースがあります。


作品の価値を決めるのはあなたではありません。

あなたのレビューや評価が悪質なものになっている可能性もあるのです。

それは制作者さんにとって、デジタルタトゥーになり、

ネット上にも残り、心にも刻み込まれてしまいます。


何か文句があったり、面白くなければ、

心の中でレビューして、投稿するのをやめれば良い。


個人制作者の方にとっては

「余韻に浸れた」、「感動した」、「面白かった」の評価やレビューがほしいのです。


そんな評価を続けているといつか、

制作者さんは辛くなって作品を作ることを辞めてしまいます。

何時間もかけて作った作品です。

作ることが生きがいのはずです。

そうなったらちゃんと責任は取れるんでしょうね?


ケース1 YouTubeで低評価をつけられ続けた。

ボイスドラマを以前作っていました。

高評価も多かったけど、

アンチみたいな輩が途中から1人「は」存在していました。


そのうちボイスドラマではない普通の動画まで追いかけて来て、

面白がって低評価をつけて来る。

低評価を押されるのが辛くなり、

動画をYouTubeで公開するのを辞めることにしました。


低評価なんてそもそもクリエイターのモチベーションを下げるだけで要らない機能だと思うのです。

面白かったら、高評価するだけで良いと思うのです。



ケース2 ブログで好き放題辛口レビューを書かれた。

フリーゲームの話です。

面と向かって投稿サイトでレビューを書かず、

自身のサイトで好き放題書かれました。

大層ご立派そうなレビューを並べつつ、

マイナスポイントずらずら書き、

挟んでくるあくどいやり方だと思います。

「実際にプレイしてみては」と書いていながら、

『オススメしない』と書かれたのです。


しかも勝手にプレイしてレビューを書いておきながら、

「不快に感じても一切の責任を負いません」とサイトに書いてある。

好き放題言われる一方でこれでは傷ついて泣き寝入りです。

これこそがデジタルタトゥーです。

悪質な個人ブログから記事の削除要請をすることは困難だからです。


また他の方も見てみたのですが、勝手に「あの有名ゲームみたいな」と

勝手に期待値を上げていて違ったから評価を落としたと言うではないですか。

あまりにも勝手すぎませんか?



ケース3 自分が上手く攻略出来なかったから星を下げられた。

ゲーム販売中の話です。

ちゃんとやり込んでもいないのに自分の気持ちだけで星を下げるのはどうかと思います。

販売している作品なのでレビューは一生残り、こちらから消すことは出来ません。

こちらもデジタルタトゥーになります。

残念ですが、その人の気持ちだけで作品の価値を落とされてしまいました。

自信満々の作品だったのに、購入をためらう方も出てくるでしょうね。

とても悲しいです。

【GOM Mix】簡単に使える無料動画編集ソフト


◆妨げるのではなく支援しましょう

ケース2とケース3で共通することは

「スチルがない」とか「立ち絵がお子様」と

文句を吐かれたことです。

当たり前です。絵は購入したり、お借りして作っているのですよ?

ゲーム作れるからと言って、誰でも絵が描けるわけがないです。

絵が描けない人は作品を作ってはいけないのですか?

好きに作って何が悪いのですか?

表現することは個人の自由だと思います。

そんな権利はあなたにはありません。

個人が生み出した世界観に入り込んだのはそちらの方です。

これを生み出せるのは私しか居ないのです。

個人の創作活動の妨げになることを

するのはやめてください。


心の弱い制作者さんはそれで公開することを辞めてしまいかねません。


「別にクリエイターは沢山居るのでそれで構わないし~」と言う、

クリエイターさんを潰しかねない活動している人を

1人でも撲滅したいと思いました。




同人なので作っているのは素人で、プロではない。

余程酷い作品なんてないはずで、全て心を込めて制作しているはずです。

「自己満足だけではなく、多くの人を楽しませてくれようとしている」

そのことを忘れないでください。



まずあなたも何かを作って公開する立場になってみては?

それで、そんな評価をされたら嬉しいですか?

見る、プレイする立場の人が偉そうに言えることではありません。


当たり前ですが、どんなことでも言えることですが、

まず、相手の気持ちになって考えてみてください。

叩くより称え合おうです。

何か伝えたいことがあるなら、どこかに連絡先があるのでそれで伝えたら良いだけの話です。

あなたのそのレビューや評価、捉え方によっては誹謗中傷や名誉毀損とも言えると思いますよ。

一度クリエイター側の気持ちになってみて、評価をしてみませんか?



2023/10/08(日)開設

みずブル
  • みずブル